自然豊かな耶馬渓から愛をこめて

ハム・ソーセージだけではなく多くの食品製造の現場では業務の効率化・生産力の向上させる機械や設備はどんどん進化しています。
人口知能(AI)もどんどん発達していますし、製造の仕事はこれからは人の手より機械の手になる時代が近づいているのかも知れません。
もう「手づくり」なんてやってられない。
そんな時代でも耶馬の森の製品はすべて「手づくり」人より機械の方が正確で大量の作業ができることも多いですが、製品へのこだわりを貫く上では人の手でしかできないことはとても多いのです。時代遅れでかっこ悪い考えかもしれませんが、それでも最後は経験を重ねた職人の手、職人の目に勝るものはありません。
そう信じて耶馬の森は愚直にハム・ソーセージを作り続けていきます。
コンセプト 耶馬の森
耶馬の森
耶馬の森イートインスペース

こだわりの本格ハム手作り

緑豊かな奥耶馬の地で生まれる私どもの手造りハム。
「耶馬の森」は地元産豚肉を10~14日間塩づけして、さらしに巻いて8~12時間山桜でじっくりとスモークし、さらに2時間のボイルを経て、一品一品丹念に作りあげています。
また、酸化防止剤・合成保存料などの添加物は使用せず、肉本来の自然な味を追求した製品です。
 

余分な油などを丁寧に取り除きます。

形を整えます。

セロハンで巻いて、その上からサラシで1本ずつ巻いていきます。

このまま冷蔵庫に一晩置きます。その後、乾燥→スモーク→ボイルを行います。